【アメリカ留学】留学3か月で伸びる英語力を教えます

こんにちは、Showです。

今回は、留学3か月でどれくらいの英語力が伸びるのかということを自分の体験をもとに書いていこうと思います。

どれくらい伸びるか?

結果から先に書くと、飛躍的に伸びる訳ではないが、着実に英語力が伸びていると感じられるようになりました

留学後1,2か月の時は、留学しているのに伸びない英語力に焦ったり、このまま伸びないのではないかと思ったこともありましたが、

3か月たった今、少しではありますが、自分でも感じられるぐらいの結果が出てくれて安心しています。

では、自分の英語力の変化と、英語力を伸ばすためにしたことを書いていこうと思います。

留学前の英語力

私の留学前の英語力は、TOEFLのスコアでいうと53点で日常会話もままならないレベルでした。

難しい単語や表現を使わず、ゆっくりと話してもらえれば話の内容は理解できるというくらいのリスニング力で、

スピーキング力は、主に「Yes」「No」「Ok」で何とか乗り切り、文章で伝えたいときは、Google翻訳を駆使し何とか伝えているというレベルでした。

留学1ヶ月目の変化

留学1ヶ月目は、授業を取っていなかったため、カフェなどに行って英語の勉強をしていました。

この時期は、自分の英語力への自信の無さや恥ずかしさから、あまりアウトプットすることができず、単語を覚えたり文法書をやったりとインプットばかりしていました

今思うと、本当にもったいないことをしてしまったと後悔しています。

この頃は基本的に他の人と話すことに対して受身だったのですが、ホストファミリーが優しくしてくれて、色々なところに連れて行ってくれたり、家族や友達を紹介してくれました。

このおかげで少しづつアウトプットする機会ができていきました。

ホストファミリーがここまで優しくなかったら、孤独感をとても感じてひどいホームシックになっていたと思います。

1ヶ月を終えての英語力の伸びは、スピーキング力は変化せず、わずかにリスニング力が伸びたかなという程度でした。

留学2か月目の変化

留学2か月目からは、統計学のクラスが始まりました。

語学学校には行っていなかったため、アメリカでの初めての授業でした。

授業初日の衝撃は今でも忘れられません

教授の言っていることや周りのクラスメイトの発言が10%ぐらいしか聞き取れませんでした

正直、AどころかCを取るのも無理かもしれないと思いました(笑)

クラスが始まると友達もたくさんできて楽しい生活が送れるだろうと考えていましたが、言葉の壁の高さを痛感しました。

この時期は、授業について行くために、毎日教科書を読んだり課題をしたりと勉強に追われていました。

クラスメイトとは、あいさつ程度しかできず、会話を楽しむという所まではまだまだ達していませんでいした。

この頃意識していたのは、聞き取れなくてもいいからネイティブ同士の会話を聞いてみようということでした。

ネイティブ同士会話は理解できないからもういいやといって、携帯をいじって自分の世界に入ることの方が簡単ですが、ゆくゆくはこのレベルで会話をしたいというのがあったため1単語でもいいので聞き取れるように会話を聞いていました。

2か月目を終えての英語力の伸びは、スピーキング力・リスニング力共に微増という感じでした。

留学3か月目

留学3か月目は、統計の授業を継続して受けつつ、新しくESLの授業が始まりました。

この頃から、少しづつ教授の言っていることが聞き取れるようになりました

特に、ESLの教授は留学生向けにはっきりと少しゆっくり話してくれていたので聞き取りやすかったです。

この時期の、リスニング力の特徴としては、訛りの無いきれいな英語であれば、一つ一つの単語や表現は聞き取れるけど、その意味が分からなかったり、意味を考えるのに時間がかかっているという感じでした。

スピーキングに関しては、今までは頭で日本語を英語に訳してから話していたものが、いくつかのフレーズは訳すことなく英語で出てくるようになりました

また、この頃に拙い英語だったとは思いますが、エピソードトークをして笑いを取れたこともありました。

その時に、ホストマザーから「来た時よりも英語上手になったね」と言われたことがとても嬉しかったです。

このおかげもあり、少しずつ自信もついてきたので、「もっと英語力を伸ばしたい」「いろんな人と話したい」と思うようになり、積極的にいろんな人と話すようになりました

ホストファミリーにその日にあったことを話したりMeetupにも参加するようになりました。

私のおすすめのMeetupは、日本語や日本文化を知りたいネイティブの集まるMeetupです。

なぜ、おすすめなのかというと、まず、日本に興味のある人が集まっているので、話しが合いやすいということです。さらに、自分たちからも教えてあげることができるということです。

無償でネイティブから英語を教えてもらうことに申し訳なさを感じてしまいがちですが、このMeetupであれば、私たちが日本語や日本文化を教えることができるのです。

3か月目を終えての英語力の伸びは、

スピーキングでは、よく使うフレーズは日本語を英訳することなく言うことができるようになり、少しずつ長い文章も話せるようになりました。

リスニング力は、聞き取れる単語やフレーズが、2か月目と比べるとかなり増えました

もっと英語力を上げるために

もっと英語力を伸ばしていくために、これから取り組んでいこうと思っているのは、

①アウトプットに機会を増やす

秋セメスターも始まるので、積極的にネイティブのクラスメイトに話しかけていこうと思います。

家でも、毎日、その日の予定や出来事などをホストファミリーに話そうと思います。

②ボキャブラリーを増やす

せっかく単語を聞き取れるようになっても、意味が分からなければ理解できないので、もっとボキャブラリーを増やしていこうと思います。

具体的には、今年中にTOEFL3800を終わらせることを目標にします。

まとめ

留学して英語力の伸びを感じられるようになるには3か月ぐらい必要なのではないかと思います

私の英語力は、まだまだペラペラからはかけ離れていますが、いろんな人と会話をしていれば絶対英語力は伸びると信じてこれからも頑張っていきます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。