【報告】大学院が決まりました!!【NATA-ATC留学】

こんにちは、Showです。

先日、大学院が決まったのでその報告をさせてもらおうと思います。

どこの大学院に行くことに決めたか、そしてどのような経緯でそうなったかについて書いています。

 

新天地はオハイオ州

現在は、ロサンゼルスにあるコミカレで事前履修科目を取っていますが、

この夏からはロサンゼルスを離れてオハイオ州にある大学院で勉強することに決めました。

 

何校に出願した?

最終的には3つの大学院に出願しました。

4月ごろから少しづつATプログラムへの出願準備を始め、授業と並行しながら準備を進めて、

11月中旬から実際に出願を開始しました。

1校目はカリフォルニアの大学院

始めにカリフォルニアにある大学院に出願しました。

この大学院からは出願後すぐに連絡があり、書類選考を通過し面接に進みました。

そして、その面接の次の日にプログラムディレクターから合格の電話がありました。

予想していたよりも早く、年内に一つ目の合格を貰うことができました。

その後は、オハイオ・オレゴンの大学院にもそれぞれ一校ずつ出願しました。

 

2校目はオハイオの大学院

オハイオの大学院には、年末に出願し年明け前に書類選考を通過したとの連絡を貰いました。

そして、年明けてから面接があり、その後いくつかの書類の提出を求められた後、正式な合格の連絡がきました。

 

オハイオの大学院からは奨学金のオファーも

さらに、オハイオの大学院からは奨学金のオファーも頂きました。

奨学金の内容は、普通なら留学生は州内生に学費にプラスして州外生(留学生)料金を

払わなければならないのですが、その州外生(留学生)料金を免除してもらえて

州内生と同じ学費で通えるというものでした。

 

3校目はオレゴンの大学院

オレゴンの大学院には、年明けてから出願しました。

出願の時期が他の2校とはずれていたこともあり、オレゴンの大学院も他の大学院同様、

書類選考を通過し、面接に移ったとの連絡は来たのですが、

その時点で、他の2校から入学するかどうかの答えを求められていたのと、

オハイオの大学院から奨学金のオファーを貰っていたので、面接を辞退しました。

 

まとめると…

カリフォルニアの大学院→合格

オハイオの大学院→合格+奨学金

オレゴンの大学院→面接に進んだ時点で辞退

という結果になりました。

どの大学院もとても魅力的だったので最後までかなり迷い、悩みましたが、

自分なりに納得いく決断ができたと思います。

今回の大学院への出願は準備から実際に出願をして面接を受けるところまで、

留学エージェントなどは利用せず自力でやってきたので、

自分がやってきたことを今後どんどんシェアしていこうと思います。